スキップナビゲーションリンク

社会貢献

 
写真は、クリックすることにより拡大されます。
令和5年 12月
(2023年)

 全商協所属の九州遊商は、「清水ふれあいまつり」の収益金の一部と九州遊商親睦チャリティーゴルフ大会のチャリティー参加費を、福岡市東区の「福岡市立こども病院」と福岡市博多区の「特定非営利活動法人 山王学舎」へ寄付しました。「福岡市立こども病院」への寄付は今回が初めてとなりますが、病気と闘うお子様及び保護者の方々へ力添えになればとの思いのもと寄付させていただきました。
 「山王学舎」は放課後児童クラブや子どもたちの自学と学びの習慣化、子ども食堂の運営を基本とし、地域の方々、ボランティアの方々と共に子どもを見守る新しい地域の形を作ることを目指し活動を行っている団体であり、昨年に引き続いての寄付となります。12月17日に「山王学舎」を訪問し、成田代表から日々の活動内容等を説明していただき、有田副理事長から寄付金を贈呈し、感謝状を受け取りました。

感謝状
-----------------------------------------------------------------

 全商協所属の九州遊商は、今回で24回目となる献血を、福岡県赤十字血液センターと共同で、12月15日に福岡市博多区の「プラザ本店」第3駐車場にて実施しました。総数158人(組合員、ホール関係者、一般の方含む)にご協力いただき、今回は回胴遊商九州・沖縄支部の方々にも献血のご協力をいただきました。
 加えて熊本地区では11月24日から12月8日の間で総数28人、鹿児島地区では11月13日から11月20日の間で総数35人の方々に献血にご協力いただきました。

感謝状 感謝状
-----------------------------------------------------------------

 全商協所属の中国遊商は、12月1日に広島市中区県民文化センター大ホールにおいて、広島市暴力追放監視防犯連合会主催の暴力団排除意識の高揚を図るための市民参画に、昨年に引続き、理事長以下組合員等55名が参加しました。
 当大会では、加盟する飲食業や遊技業、建設業などの団体等から約500人が参加し、暴力追放・総決起大会を行い、大会終了後には、商店街約1キロを高校生マーチングバンド部と小学生バトン部を先頭とした街頭パレードに参加しました。

感謝状
令和5年 11月
(2023年)

 全商協所属の北遊商は、11月17日に組合員全従業員を対象とした北遊商セミナーを開催し参加者から「ワンコインチャリティ―」として寄付金を募り、北海道新聞社会福祉振興基金に、組合からの拠出金を合わせて、子どもたちへの奨学金に役立ててもらうために贈呈しました。

感謝状
-----------------------------------------------------------------

 全商協所属の四国遊商は、四国4県の組合員を対象に11月を「献血月間」として献血運動を実施し、22社 82名 が参加しました。また、今年度は愛媛県の献血センターにご協力頂き、献血を受けられた方にオレンジリボンを配布しました。

感謝状
-----------------------------------------------------------------

 全商協所属の東遊商は、11月12日及び13日に社会貢献委員会メンバーと事務局職員の8名にて、児童虐待を防止する「オレンジリボン運動」の周知と啓蒙をポスターパネルとのぼり旗を掲げ、行いました

感謝状 感謝状
-----------------------------------------------------------------

 全商協所属の中国遊商は、10月19日、「第13回子供支援チャリティー・ゴルフコンペ」を開催し、チャリティー募金を浄財として子供支援の趣旨に従い、11月17日に鳥取県立米子養護学校(本間隆之校長)に「プロジェクター」、11月22日に広島県立庄原特別支援学校(岩井千鶴子校長)に「介助用車椅子等」をそれぞれ寄贈し、社会貢献担当役員山本紘司副理事長が目録を手渡されました。

感謝状 感謝状
-----------------------------------------------------------------

 全商協及び地区遊商は、児童虐待を防止する「オレンジリボン運動」に賛同し、11月5日に、NPO 法人・児童虐待防止全国ネットワークが主催する「第21回 子どもの虐待死を悼み命を讃える市民集会」が開催され、会場となる東京都中央区の『銀座ブロッサム』からは、中村会長と東遊商の社会貢献委員会の委員を中心に約50 名が参加し、その他の地区遊商はYouTube の同時配信によるWEB 参加をしました。
 また、今回の市民集会への支援を目的として、各地区遊商ではオレンジリボンマークの入ったクリアファイルやボールペン等の支援グッズを購入し、各地域での社会貢献活動等の際に配布し、オレンジリボン運動の活動を広く広報するための協力も実施しました。

感謝状 感謝状
令和5年 10月
(2023年)

 全商協所属の北遊商は、第12回献血活動を実施し、11社18名にご協力いただきました。

-----------------------------------------------------------------

 全商協所属の九州遊商は、10月22日、福岡市南区にある障がい者施設(さん・さんプラザ)を 中心として開催された「第26回清水ふれあいまつり」(主催 清水ふれあいまつり実行委員会)に、協力団体の一員として参加しました。
 チャリティーバザーや飲食コーナー、子ども向けのくじ引きを行うなど障がいを持つ子どもたちとふれあい、その収益金を寄付する活動も今年で7年目を迎えました。チャリティーバザーに関しては、組合員のほか回胴遊商九州・沖縄支部、福岡県遊協青年部からも多数のバザー用品を提供してもらいました。

感謝状 感謝状
-----------------------------------------------------------------

 全商協所属の関西遊商は、10月13日に浪速消防署で第20回救命救急講習会を実施しました。救急隊員の指導の下、心肺蘇生の手順や、AEDの実技講習を行いました。

感謝状
-----------------------------------------------------------------

 全商協所属の中部遊商は、今回で第19回目となる矢田川河川敷清掃ボランティア活動を開催し、29社37人の方々が活動に従事しました。

感謝状 感謝状
令和5年 9月
(2023年)

 全商協所属の北海道遊商は、9月30日に福島県南相馬市で開催の「関東大震災100年防災の森づくり植樹祭」に全商協から代表して、社会貢献委員2名で参加しました。また、植樹本数は1,000 本となりました。

感謝状
-----------------------------------------------------------------

 全商協所属の四国遊商は、6月から9月末までの期間に、組合員、従業員に協力を依頼し、「四国遊商 特別警戒腕章」を着用した幼児置き去り等事故防止のためのホール駐車場特別警戒活動を実施致しました。

感謝状
令和5年 8月
(2023年)

 全商協所属の関西遊商は、8月4日に第10回ホール駐車場特別警戒巡回を行いました。各グループに分かれ大遊協協力の下、計10店舗のホール巡回を実施しました。

感謝状 感謝状
令和5年 7月
(2023年)

 全商協は、協賛している認定特定非営利活動法人児童虐待防止全国ネットワークは7月30日、東京・港区 東京都立産業貿易センター・第2会議室で「子ども虐待防止オレンジリボン運動公式ポスターコンテスト2023」の表彰式を行いました。
 協賛は今回で7回目となり、ポスターコンテストには全体で787点が応募し、内、半数近くの363点がユース作品(中学生以下)になりました。 4月に選考会が行われ、さらに主旨に賛同した自治体、団体、企業が厳正な審査を行い、各賞15作品が決定しました。

感謝状
-----------------------------------------------------------------

 全商協所属の中国遊商は、7月27日、広島市中区所在の広島平和記念公園一帯において開催された、広島市公衆衛生推進協議会と広島市主催による一斉清掃活動に4年ぶりに参加しました。今回、参加者は、広島市各区の公衆衛生推進協議会をはじめとする団体等約60団体、一般参加者を含む約2,000人がボランティアとして参加しました。

感謝状 感謝状
-----------------------------------------------------------------

 全商協所属の関西遊商は、7月22日、大人96名、子ども43名の合計139名で、浪速公園の清掃活動及び森とリルのBBQフィールドでBBQ交流会を行いました。

感謝状
-----------------------------------------------------------------

 全商協所属の関西遊商は、7月6、7日にナンバプラザビル3階にて七夕献血を開催しました。関西遊商の組合員 だけでなく、回胴遊商の組合員の方や一般の方も参加していただき、採血者数119名、不採血数17名、受付数が136名となりました。

感謝状 感謝状
-----------------------------------------------------------------

 全商協所属の中部遊商は、7月13日、南知多町・千鳥ヶ浜にて、第10回目の内海海岸清掃ボランティア活動が開催され、23社26人の方々が清掃活動に従事しました。

感謝状 感謝状
令和5年 6月
(2023年)

 全商協所属の関西遊商は、6月23日、救命救急講習会を浪速消防署にて開催しました。当日は20名の組合員が参加し浪速消防署の救急隊員の方にご指導いただき、胸骨圧迫、AEDの取扱いを含めた心肺蘇生などの知識と技術を学びました。

感謝状
-----------------------------------------------------------------

 全商協所属の関西遊商は、6月9日、浪速公園の清掃活動を行いました。当日は関西遊商72名、地域の方9名、浪速区役所の方3名の合計84名が参加しました。

感謝状 感謝状
令和5年 5月
(2023年)

 全商協所属の関西遊商は、5月24日開催の第62回通常総会にて、防犯カメラを寄贈したことによる感謝状が、浪速区長から小西理事長に授与されました。

感謝状
-----------------------------------------------------------------

 全商協所属の中国遊商・山本基庚理事長は、5月17日、多数防犯資材を協会に寄贈し地域安全活動事業に多大な貢献をした功績、並びに永年にわたる協会の賛助会員として事業推進に務め、県民の防犯意識の高揚に多大な貢献と成果を収めた功績に対し、(公社)岡山県防犯協会伊原木隆太会長(現岡山県知事)から感謝状をいただきました。

感謝状
令和5年 4月
(2023年)

 全商協所属の中部遊商は、今年度では一回目、二回目となる防犯カメラの寄贈を、安城市新田町へ5台、緑区戸笠学区へ5台行い、感謝状をいただきました。

感謝状 感謝状
[写真 :(左)安城市贈呈式、(右)緑区贈呈式]
令和5年 3月
(2023年)

 全商協は、パチンコ・パチスロ21世紀会を通じて、トルコ地震緊急支援として「認定NPO法人 難民を助ける会」へ寄付を行い、感謝状をいただきました。

感謝状 感謝状
-----------------------------------------------------------------

 全商協所属の中部遊商は、今回で第14回目となる献血活動を開催し、24社60名が参加しました。

感謝状
-----------------------------------------------------------------

 全商協所属の中部遊商は、今年度三回目となる防犯カメラを寄贈し、今回は「名鉄徳重・名古屋芸大駅」付近及び、「名鉄西春駅」付近での自転車の盗難、不審者の出没を受けて、北名古屋市へ5台の防犯カメラを寄贈しました。それに伴い、北名古屋市長及び西枇杷島警察署長より、お礼のことばをいただきました。

感謝状
-----------------------------------------------------------------

 全商協所属の関西遊商は、2022年度は近畿2府4県の社会福祉協議会へ車椅子計40台を寄贈し、感謝状をいただきました。寄贈台数は今年で累計440台を達成しました。

感謝状
令和5年 2月
(2023年)

 全商協所属の関西遊商は、2月16日、17日の2日間、ナンバプラザビル3階会議室にて行われたバレンタイン献血は、採血者数102名、不採血数33名、当日受付数が135名となりました。慢性的な輸血血液の不足に加え、コロナ禍で更に献血者が減少している現状の中、少しでも社会の役に立つべく献血活動を行いました。

感謝状 感謝状
令和4年 12月
(2022年)

 全商協所属の中国遊商は、12月23日、固定電話による高齢者を狙った特殊詐欺被害防止に非常に有効である「防犯対策電話録音機」80台を公益社団法人岡山県防犯協会に贈呈しました。

感謝状
[写真 :(左から)小川実生活安全部長、山本基庚理事長、島村裕史専務理事、山田希和事務局長、岩本幸一生活安全企画課長]
-----------------------------------------------------------------

 全商協所属の中国遊商は、12月6日、広島市中区県民文化センターにおいて、暴力追放を訴え半世紀を迎えた広島市暴力追放監視防犯連合会主催による本年度標記記念大会に理事長以下組合員等49名が参加しました。
 これまで毎年開催されている「暴力追放・明るい街づくり総決起大会・街頭パレード」に参加し、多年にわたり暴力追放意識の普及等に努め、暴力のない明るく住みよい地域社会の実現に尽力した功労により感謝状を受賞しました。

感謝状 感謝状
令和4年 11月
(2022年)

 全商協所属の四国遊商は、11月を「献血月間」として献血運動を実施し、24社86名が参加しました。また、今年度は香川県の献血センターにご協力いただき、献血を受けられた方にオレンジリボンを配布しました。

感謝状
[写真 :(左から)社会貢献委員会・川島委員、香川県赤十字血液センター献血推進課・冨家直樹主事、社会貢献委員会・蓼科委員長]
-----------------------------------------------------------------

 全商協所属の関西遊商は、11月25日、浪速公園の清掃活動を行いました。当日は関西遊商83名、地域の方13名、浪速区役所の方3名の合計99名が参加しました。

感謝状 感謝状
-----------------------------------------------------------------

 全商協及び地区遊商は、児童虐待を防止する「オレンジリボン運動」に賛同し、11月27日に、NPO法人 児童虐待防止全国ネットワークが主催する「第20回 子どもの虐待死を悼み命を讃える市民集会」が開催され、会場となる東京都中央区の『銀座ブロッサム』からは、中村会長と東遊商の社会貢献委員会の委員を中心に約40名が参加し、その他の地区遊商はYouTubeの同時配信によるWEB参加をしました。
 また、今回の市民集会への支援を目的として、各地区遊商ではオレンジリボンマークの入ったクリアファイルやボールペン等の支援グッズを購入し、各地域での社会貢献活動等の際に配布を行い、オレンジリボン運動の活動を広く広報するための協力も実施しています。

感謝状
-----------------------------------------------------------------

 全商協所属の九州遊商は、11月16日、福岡市東区馬出にある九州大学医学部百年講堂において、福岡県と日本赤十字社福岡県支部が主催する 「令和4年度献血功労者表彰式」 が開催され、当組合の長年にわたる献血活動の功績が認められて福岡県知事感謝状を受賞しました。

感謝状 感謝状
-----------------------------------------------------------------

 全商協所属の九州遊商は、11月11日、福岡市博多区の「特定非営利活動法人 山王学舎」を訪問し、﨑山施設長から日々の活動内容等を説明していただき、岩下理事長から九州遊商親睦チャリティーゴルフ大会の寄付金を贈呈し、感謝状を受け取りました。
 「山王学舎」は放課後児童クラブや子どもたちの自学と学びの習慣化、子ども食堂の運営を基本とし、地域の方々、ボランティアの方々と共に子どもを見守る新しい地域の形を作ることを目指し活動を行っている団体です。
 

感謝状
[写真 :(左から)岩下理事長、「山王学舎」﨑山施設長、八坂副理事長、岡田常務]
令和4年 10月
(2022年)

 全商協所属の中国遊商は、10月7日、組合事務所を拠点とした献血バスによる献血及び10月中を期間とするルーム等を利用した献血をそれぞれ行いました。組合事務所を拠点とした1日献血活動は平成29年度から毎年実施し、今年6回目を迎えました。
 10月中の献血活動では、最終的に30社の組合員、社員並びに事務局職員が参加のうえ、計74人が1人400ml献血を行い、初期の目的を達成出来ました。
 

感謝状
-----------------------------------------------------------------

 全商協所属の関西遊商は、10月28日、浪速消防署にて第18回救命救急講習会を実施しました。当日の参加者は14名で、3グループに分かれて実技講習を学びました。新型コロナウイルス感染防止のため、人工呼吸の措置は省いての実施でしたが、胸部圧迫及びAEDを実際に使用した実施を繰り返し行いました。

感謝状 感謝状
-----------------------------------------------------------------

 全商協所属の中部遊商は、10月24日、社会貢献活動の一環として防犯カメラを寄贈しました。今回は豊川市伊奈町へ5台の防犯カメラを寄贈しました。 それに伴い、防犯カメラ贈呈式及び防犯カメラ披露・目録贈呈式が開催され、古当町内会長及び茶屋町内会長より、お礼のことばをいただきました。

感謝状
-----------------------------------------------------------------

 全商協所属の北遊商は、第10回献血活動(令和4年9月29日~10月30日)を行い、組合員9社18名が参加しました。

令和4年 9月
(2022年)

 全商協所属の北遊商は、日遊協の「第5回全国クリーンデー ~地域大清掃 パチンコが日本をキレイに~」に12社(29名)が参加し、活動箇所数22箇所となりました。

感謝状
-----------------------------------------------------------------

 全商協所属の中国遊商は、9月26日、広島県尾道警察署において、特殊詐欺被害防止を高齢者に呼びかけるポスター1,000枚を贈呈しました。今回、贈呈したポスターは、高齢者の出入りが予想される尾道市内の全公民館や金融機関、医師会所属の病院、駅、スーパー等に掲示し広報啓発に活用される予定です。
 また、中国遊商では、2015年度から事業活動区域となる中国地区5県の行政に対し特殊詐欺の被害防止等施策の一助となるよう各種支援を行っています。

感謝状
[写真 :(左)大野勝俊署長、(中央)山本紘司副理事長、(右)警友会河原達雄尾道支部長]
-----------------------------------------------------------------

 全商協所属の中国遊商は、今年度も訪問先ホールと、新型コロナウイルス感染症対策に努めながら、店長をはじめ役員、そして岡山県遊協役員等5名との情報交換後、組合専用の黄色のチョッキに幼児車内放置ゼロの腕章付けて、200台以上の駐車車両について巡回活動を実践しました。

感謝状
-----------------------------------------------------------------

 全商協所属の四国遊商は、6月から9月末までの期間に、組合員、従業員に協力を依頼し、「四国遊商 特別警戒腕章」を着用した 幼児置き去り等事故防止のためのホール駐車場特別警戒活動を実施しました。

感謝状
令和4年 8月
(2022年)

 全商協所属の関西遊商は、幼児置き去り等の車内事故を未然に防止する為、5月1日から10月31日までを特別警戒期間として、組合員に営業活動の際に巡回活動をお願いしています。
 強化月間にあたる7月、8月にあわせて8月5日に社会貢献・環境対策委員及び理事、その他の委員21名で、大阪府内にあるホールの駐車場10箇所を数名のグループに分かれて巡回を行いました。

令和4年 7月
(2022年)

 全商協所属の関西遊商は、7月23日、大人72名、子ども37名の合計109名で、浪速公園の清掃活動及び森とリルのBBQフィールドでBBQ交流会を行いました。新型コロナウイルス感染症の影響により3年ぶりとなる活動でしたが、コロナにも暑さにも負けず多くの方が参加しました。

-----------------------------------------------------------------

 全商協所属の関西遊商は、7月7日と8日の2日間、ナンバプラザビル3階会議室にて行われた七夕献血は、採血者数105名、不採血数10名、当日受付数が115名となりました。今後も多くの方のご理解とご協力のもと、コロナ対策を万全に行いながら献血活動を続けていきます。

-----------------------------------------------------------------

 全商協所属の中国遊商は、7月27日、令和2年度から日本赤十字社広島県支部に災害救護等の活動支援を行っておりますが、この継続支援に対する表彰として、銀色有功章を受章しました。

感謝状
[写真 :(右)日本赤十字社広島県支部黒川事務局付部長、(左)上原専務理事(兼社会貢献副委員長)]
-----------------------------------------------------------------

 全商協所属の九州遊商は、7月8日、今回で21回目となる九州遊商主催の献血活動を、福岡県赤十字血液センターと共同で、福岡市博多区の「つかさ月隈店」駐車場において行いました。総数148人(組合員129人、一般の方19人)に協力してもらいました。また、当日は、熱中症や体調管理のアドバイスもあわせて行いました。

-----------------------------------------------------------------

 全商協所属の中部遊商は、7月14日、第9回目の内海海岸清掃ボランティア活動を開催し、26社31名が清掃活動に従事しました。

令和4年 6月
(2022年)

 全商協所属の関西遊商は、新型コロナウイルス感染症の影響により3年間中止していた救命救急講習会を、6月24日、浪速消防署にて開催しました。当日は22名の組合員(うち社会貢献・環境対策委員5名)が参加し3グループに分かれ浪速消防署の救急隊員の方にご指導いただき、胸骨圧迫、AEDの取扱いを含めた心肺蘇生などの知識と技術を学びました。

-----------------------------------------------------------------

 全商協所属の中部遊商は、6月29日、今年度も社会貢献活動の一環として、名古屋市北区平安飯田学区へ5台の防犯カメラを寄贈しました。それに伴い、防犯カメラ贈呈式及び防犯カメラ運用開始式が開催され、飯田学区連絡協議会より感謝状を受賞しました。

-----------------------------------------------------------------

 全商協所属の関西遊商は、6月10日、関西遊商の組合員66名、浪速区役所5名、塩草地域の方10名の合計81名で、公園内外のゴミ拾いを行いました。新型コロナウイルス感染症の影響により3年間中止していた合同清掃は、幡多浪速区長や塩草連合振興町会の小川会長、大阪難波ライオンズクラブ辻本幹事にもご参加していただき、一緒に清掃活動を行いました。

令和4年 3月
(2022年)

 全商協所属の四国遊商は、チャリティー金を3月23日「社会福祉法人弘善会児童養護施設讃岐学園」に寄付しました。

感謝状
[写真 :(左)児童養護施設讃岐学園園長・折目勝文、(右)四国遊商社会貢献委員長・蓼科勝利]
-----------------------------------------------------------------

 全商協所属の中国遊商は、昨年10月22日、次世代を担う子供達を支援することを目的とする「第11回子供支援チャリティー・ゴルフコンペ」を感染症拡大防止に細心の注意を払いながら開催しました。
 チャリティー募金等を浄財として子供支援の趣旨に従い、3月14日に児童養護施設福山ルンビニ園(門田匡史理事長兼施設長)、3月16日に広島県立広島南特別支援学校(三浦直宏校長)の幼稚部等児童へ寄贈を行いました。

感謝状 感謝状

[写真(左) 福山ルンビニ園での贈呈式]、 [写真(右) 広島南特別支援学校での贈呈式]

-----------------------------------------------------------------

 全商協所属の中部遊商は、3月9日、今回で第13回目となる献血活動を開催しました。今年度もコロナ禍の中、組合員販社だけでなく名機会員にも多数の参加がありました。医療現場では、まだまだ血液が必要とされているので、今後も継続して開催していきます。

令和4年 2月
(2022年)

 全商協所属の関西遊商は、社会貢献・環境対策委員会で、感染防止対策(同じ時間帯に集中することのないよう、密状態を避けて人数を分散)を徹底的に行うこととし、2月3日、4日にナンバプラザビル3階会議室にて、第19回バレンタイン献血を行いました。2日間で、98名の方が献血活動に協力していただき、77名の方の採血を行いました。

-----------------------------------------------------------------

 全商協所属の中国遊商は、山口県内における治安課題の1つに挙げられている、高齢者を狙ったうそ電話詐欺の被害防止を図るため、被害防止広報に活用する「アルコール除菌ジェル・不織布マスク」8,000セットを公益社団法人山口県防犯連合会(塩見富士雄代表理事)に贈呈しました。贈呈式は山口県警察本部で開催され、山本基庚理事長から山口県防犯連合会長尾安文専務理事へ目録が手渡されました。

感謝状
-----------------------------------------------------------------

 全商協所属の中国遊商は、山口県におけるうそ電話詐欺の被害防止を図るため、平成29年から公益社団法人山口県防犯連合会や山口県警察と連携し、被害防止に向けた各種支援や広報啓発活動に積極的に取り組んでいますが、同活動が山口県民の防犯力向上に大きく寄与したとして、2月4日、山口県警察本部において落合達也生活安全部長から山本基庚理事長へ感謝状が贈呈されました。

感謝状
令和4年 1月
(2022年)

 全商協所属の九州遊商は、1月26日、福岡市南区にある障がい者施設(さん・さんプラザ)でバスケットボール競技用車いすの贈呈式に参加しました。毎年8月に開催される「清水ふれあいまつり」に九州遊商が社会貢献活動の一環として参加し、チャリティーバザーや飲食コーナー、子ども向けのくじ引きを行うなど障がいを持つ子どもたちとふれあい、その収益金を寄付する活動をこれまで6年間行っておりますが、昨今のコロナ禍の影響で、「清水ふれあいまつり」が2年連続中止になりました。
 そこで九州遊商は、「清水ふれあいまつり」への参加に代わる社会貢献活動として、バスケットボール競技用車いすの寄付を行いました。車いす贈呈式では、障がい者スポーツセンターの大坪館長から、車いす寄付への感謝状を岩下理事長が受け取りました。

感謝状